社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  

 夜、目を閉じ耳を澄ますと数種類もの虫の声が風情良く聴こえて来て、秋を感じる今日この頃となりました。
ザリガニやカナヘビ・カブト虫を捕まえ、エサやりをしている子ども達。
今度は秋の虫達とのお付き合いが始まります。
生き物と触れることによって物を立体的に見る力(テレビやスマホの画面、ゲームは平面的にしか見ることができない為)がつくと言われており、貴重な体験をしている子ども達です。
 今年も暑い日が続き、大好きなプール遊びや水遊びを思いっきり楽しむねらいも達成でき、トマト・ジャガ芋・メロン・トウモロコシ等沢山収穫し、苦手だった野菜も自分達で作ったことで口に入れる子も出て来て、更に嬉しい収穫となっています。
 

 9月の行事予定

2日(月)
  避難訓練・園児検診(全園児)
5日(木)
  たんぽぽワールド・スイミング(ゆり・たんぽぽ組)
10日(火)
  身体測定
18日(水)
  花巻あすかの里との世代間交流(たんぽぽ組)
19日(木)
  運動会総練習
20日(金)
  誕生会
21日(土)
  園庭・園舎の奉仕作業(6;30~7;30)父母対象
26日(木)
  花巻あすかの杜との世代間交流(ゆり組)
28日(土)
  運動会

※令和元年10月1日からの「保育料無償化」についての説明会を予定しております。詳細は後日お知らせ致します。
 

●日居城野神社の夏祭り

 8月3日(土)18時半~日居城野神社芸能祭に、たんぽぽ組(年長児)が出演し、「がんすけ なはんちゃん音頭」の踊りを披露しました。
 

●叱(しか)り方・褒め方について

叱り方
子どもに対しては、叱らなければならない時と、叱ってはいけない時があります。 子どもが失敗した時には叱ってはいけません。 すでに「シマッター」と子どもが感じている時に、更に叱る必要はありません。 しかし、危ない事をした時には毅然と叱らなければなりません。
「アホ」とか「バカ」「何回言ったらわかるの」と、子どもの人権を傷つける様な言葉は使わないようにしましょう。
 
褒め方 結果の評価で「上手だったね」というより、プロセスへの共感を大切にし、その行為を褒めてあげましょう。
 
~参考文献「子どもの発達と子育て・子育て支援」丸山 美和子著 より~
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 2019年9月号 
 暦の上では立秋を迎えましたが、まだまだ暑い日が続いています。
この時期は夏の疲れも出て、食欲も落ちやすい時期なので、彩りや味付けなどメリハリのある食事作りに努めていきたいと思います。
中秋の名月にサトイモを
 中秋の名月(十五夜)は、一年でも特に美しいとされる旧暦8月15日の月のことです。
お団子のお供えの他、収穫への感謝と豊作を願い里芋をお供えすることもあり、「芋名月」とも呼ばれます。
十三夜は、栗名月豆名月とも呼ばれます。
今年の十五夜は9月13日です。
十三夜は10月11日です。
 
食卓のマナー姿勢
食事中に姿勢が悪いと行儀が悪いだけでなく、口から入った食べ物の流れが悪くなり、胃腸の消化吸収にも影響が出ます。食事の時は、背筋を伸ばし、足を床につけ、食器を手に持って食べるのが理想です。
テーブルとイスの間は、握りこぶし一つ分あけるのが目安です。足が床につかない場合は踏み台などを利用して調整しましょう。
 
◎朝食メニュー紹介
 
<材料>2人分
ほうれん草 ・・・1/4
・・・2個
みりん ・・・小1
サラダ油 ・・・小1
バター ・・・小1
醤油 ・・・小1
<作り方>
ほうれん草は2㎝の長さに切る。
卵はサッと溶きほぐし、みりんと水小2を加え混ぜる。
フライパンにサラダ油を熱し、バターを加え1を中火でサッと炒める。
②を流し入れ、大きく混ぜ、半熟状になったら醤油を鍋肌からまわし入れる。

ほうれん草の他に、小松菜やキャベツなどに葉物を変更しても美味しく食べる事ができます。
朝ごはんは1日の元気の源です。朝ごはんを食べて元気に登園しましょう。
 
☆流しそうめんを行いました(さくら・ゆり・たんぽぽ組)
毎年恒例の流しそうめんを行いました。
流れて来るそうめんやきゃうり、トマトを箸で上手に掴むことは難しいのですが、食べたい一瞬で流れてくるそうめんを集中して掴む目はとてもステキでした♪
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 令和1年9月1日 号 

  暑さも幾分和らぎ、朝夕吹く風は少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。
夏の疲れが出る時期でもありますので、お子さんの体調管理には心配りをお願いします。
9月9日は救急の日です
 子供達は、ちょっとしたことがきっかけでケガをしてしまいます。
起こってしまった時にはまずは慌てずに確実な応急処置をすることが大切です。

●応急処置の方法”RICE”について
R ・・・ 安静(rest)
ケガをした直後は動かさず安静にします。気持ちを落ち着かせる効果もあります。
 
I ・・・ 冷却(ice)
炎症を抑えるために冷やします。氷は患部に直接あてずにタオルで包むなどして冷やします。
冷やしすぎると凍傷を起こすおそれもある為注意します。
 
C ・・・ 圧迫(compression)
患部を圧迫することで腫れや炎症の広がりを押さえます。
 
E ・・・ 挙上(elevation)
患部を心臓より高い位置にすることで血液が心臓に戻りやすくなり、腫れや炎症の広がりを押さえます。

急性期のケガに対して行うものであり、ケガそのものを治すものではありません。脱臼や骨折が明らかであったり大量の出血や意識がないなど、重症の時はむやみに触ったり動かしたりせずすぐに受診しましょう。

お知らせ
7月に全園児、職員の検便がありました。全員陰性でした。
(0・1歳児担任、給食担当者は毎月検便しています。)
 
8月の感染情報
手足口病            8名
RSウィルス感染症       7名
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 2019年4月1日 発行 

 2019年度がスタートしました。今年度も園庭・園舎を解放し、お子様の遊び の場、お友だち作りの場、お母さん方のコミュニケーションの場として、大いに 活用していただければと思っております。
ぜひ、遊びにいらしてください!!
 

 2019年度 開放予定日

 

5月のみ第2木曜日・6月~11月は第1木曜日

5月9日 ・ 6月6日 ・ 7月4日 ・ 8月1日
9月5日 ・ 10月3日 ・ 11月7日

  ※12月20日(金)は、クリスマス会で夕方4時~です!
来てみてください。

 

 5月~9月の計画

 
5月・ 6月

戸外あそび・戸外散歩
リズム・わらべうた遊び

泥んこで服が汚れたりしますので、着替えの服を ご持参下さい。
7月~9月

水遊び・お湯遊び・泥んこ遊び体験
水着・タオル・着替えの服をご持参ください。

リズム・わらべうた遊び 絵本・紙芝居の読み聞かせ 給食試食会等予定しております。
7月5日 七夕会へのご招待

七夕のお話しを聞き、短冊に願いを書き飾りつけます。
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!

花北地区主任児童委員
佛川 恵美子さん、高橋美波さん
ボランティアとして 高橋晢子さんにおいでいただいております。

保育園の子ども達と一緒にあそび、「友だちづくり」をしましょう!
外遊びも行います。紫外線防止のため、帽子をご持参願います。汚れてもよい服装でおいで下さい。

※ マタニティー・ママの保育見学・保育体験もお受けいたします。
  ご希望の方は、ご連絡ください。
 

 松園保育園ってどんなとこ?

 
「乳幼児期は人の根っこを作る時代」を保育の基盤とし、土、水、泥に思いっきり触れる遊び、「足、腰をしっかり強くする」ために斜面登りや園外散歩を多く取り入れています。
園内には、ほとんど遊具らしいものはありませんが、保育士や友だちとの関わり遊ぶ事を大切 に過ごしています。
また、「しなやかな体づくりは心づくり」といわれるよう、リズムあそびやわらべ歌遊びを通し、丈夫なからだと豊かな心を育んでいきたいと思っております。
 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします