社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 晴れ渡った空に、新緑の青葉。すがすがしさを感じる季節となりました。
新入園児、進級児共に新しい環境に慣れ安心して過ごすことを今月のねらいとして保育してまいりました。 新生活にも慣れ始め、やわらかな春の陽ざしの中、毎日お散歩や外遊びを楽しみ笑顔いっぱいの子ども達です。
今月も全身で春の自然に触れ、様々な発見を喜び、感動する瞬間をたくさん共有して過ごしていきたいと思っております。
 
 

 5月の行事予定

6日(木)
  安全の日・避難訓練
10日(月)
  園児検診・身体測定
20日(木)
  副食費集金袋配布
28日(金)
  誕生会

※5月10日(月) 一斉メール配信システムテスト

 緊急時用に各ご家庭にメール登録して頂きました。確認のため5月10日の12時30分に一斉メールのテスト配信を致します。園からのメール受信が確認できましたら「了解」と返信して頂くようお願い致します。
 
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 2021年5月号 
 入園進級して1ヶ月が経ちます。
毎日、保育園の食事をモリモリと食べる子どもたちの様子を見て、とても嬉しい気持ちになります。
 今月も子どもたちが笑顔になる給食作りに努めてまいりたいと思っております。
 

◎端午の節句

 5月5日は端午の節句です。端午の節句にはこいのぼりを立てて、武者人形を飾り、「ちまき」と「柏餅」を食べる風習があります。

ちまき ・・・ ちまきは巻いている葉が昔は茅(ちがや)という葉に巻かれており、邪気を払う植物と言われていたためちまきを食べるようになったと言われています。
柏餅 ・・・ 柏餅はお餅を巻いている柏の葉が新しい芽が出てくるまで古い葉が落ちないことから子孫繁栄の意味が込められているそうです。

保育園でもおやつに「ちまき」に見立てた「おこわ」を提供する予定です。
子どもたちにも食事とお話を通して意味を伝えていきたいと思います。

旬の食材◎たけのこ


 たけのこは今が旬の食べ物です。
竹の若い芽で、土から出るとあっという間に生長します。
出始めの時期は香りが強く、だんだんと甘みが増してきます。
また端午の節句では、たけのこは育ち方がまっすぐなため、子どもたちにもまっすぐ育ってほしいという意味を込めて食べることもあるそうです。

◎五目おこわ

<材料>3合分
もち米 ・・・ 3合
ごぼう ・・・ 1/2本
たけのこ(水煮) ・・・ 100g
人参 ・・・ 100g
鶏肉モモ1㎝角 ・・・ 200g
油揚げ ・・・ 1/2
しめじ ・・・ 1/2
濃口醬油 ・・・ 大1
・・・ 大1
みりん ・・・ 大1
顆粒だし ・・・ 少々
サラダ油 ・・・ 少々
・・・ 120㏄
<作り方>
もち米を優しく洗い、たっぷりの水に8時間つけておく。
8時間後もち米をザルにあげ、ぬらした蒸し布の中にもち米をいれ、 沸騰した蒸し器で20分蒸す。
ごぼうは、ささがきにする。
人参は小さめのイチョウ切りにする。
たけのこは薄切りにする。
油揚げは、千切りにする。
しめじは石づきを取り、ほぐす。
鍋に油を熱し、鶏肉を炒める。
鶏肉にやや火が通ったら、ごぼう、人参を入れ炒める。
④に火が入ったら、しめじと油揚げをいれる。
⑤の中に分量の水を入れAの調味料を入れ味をいれる。
②の中に⑥の煮汁を入れ、しゃもじで切るように混ぜ込む。
⑦の中に⑥の具材を入れ15分再度蒸す。
⑧が蒸し上がったら出来上がり。

★食事調査アンケートへのご協力
ありがとうございました。
今後の献立作成の参考にさせていただきます。
 
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 31年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 令和3年5月1日 号 

 暖かな日差しとともに、子ども達は外で元気に遊んでいます。連休中は人混みをさけ、お子さんの体調に合わせたスケジュールでゆったりと過ごしましょう。
 
●正しい手洗いのしかた

流水で手をぬらす
石けん水を適量取り出す
手のひらと甲をこすり、よく泡立てる
手の甲に手のひらをかぶせて洗う(両手)
指を組んで、両手の指の間をこする
指先・爪をしっかり洗う(両手)
親指の周囲をよく洗う(両手)
両手首をていねいに洗う
流水でじゅうぶん洗い流す
ペーパータオル等で水分をふき取る
(1回の手洗いの時間は30秒です。)

4月の保健指導は正しい手洗いのしかたについて子ども達と一緒に手順を再確認しました。今月は4、5歳児はスタンド型手洗いチェッカーを使い、手順にのっとり手洗いをした後に洗い残しがどの位あるか一人一人実験を行います。
3歳児は手を洗うことが、気持ちいい、楽しいと感じてもらえるように練習用スタンプ(市販のもの)を使用します。バイキンの絵柄のスタンプを手に押し、石鹸でバイキンの絵が消えるように手を洗います。きれいに消えるまで30秒かかります。
各年齢に合わせた方法で手洗いの大切さを指導しています。小さいお子さんの場合は大人が一緒に洗ってあげ、ご家庭でも親子で楽しみながら手洗いを習慣づけていきましょう。

●うがいのしかた

  1. 1回目は口に水を含み、食べかすや口の中の細菌をとる目的でブクブクと口の中だけすすぎます。(ブクブクうがい)
  2. 2回目は新しい水を含み、上を向いて喉の奥まで届くように15秒ほどうがいをします。(ガラガラうがい)
  3. 3回目はもう一度、ガラガラうがいをします。
ポイントは、口と喉を分けてゆすぐことです。口の中の細菌を喉に運ばないようにする為です。
 
 
4月の感染情報
胃腸炎 1名

せき、鼻水、熱の症状で早退、欠席するお子さんが見られました。
 
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 令和3年度のたんぽぽワールドの実施につきましてはコロナウイルス感染症拡大防止の為、只今見合わせております。
 今後、園庭・園舎開放可能な目途がたちましたら、お便りにて回覧いたしますのでご理解の程宜しくお願い致します。
 
ページ先頭へジャンプします