社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられる今日この頃です。
今年は暖冬の影響もあり、積雪が少なかったのですが、園庭や日居城野公園などに残っている雪で大きな雪だるまを作ったり、斜面をソリで滑ったりと、冬ならではの遊びを思う存分楽しみました。
又、道路に残った雪も少なく、冬の散歩に出掛けるクラスも多く、畑や雪が積もった凸凹道を歩いてみたり、グラウンドへ行けば何周も走り、友達と競い楽しむ子ども達です。 2月の保育ねらいとしていた「冬の自然に触れながら体を存分に動かして遊ぶ」を味わったところです。

 平成31年3月の行事予定

1日(金)
  避難訓練・ひなまつり会(たんぽぽ組祖父母ご招待)
4日(月)
  園児検診
11日(月)
  身体測定
20日(水)
  お別れ誕生会
29日(金)
  卒園式

 
この1年、遊びや生活の中で大きく成長した子どもたち!
自分の力で出来る事が増え、その喜びが自信へと繋がり、心も体も健康にのびのびと育つことができました。
保護者の皆様にはこの1年の保育へのご理解・ご協力頂きまして誠にありがとうございました。
4月からまたひとつ大きくなる子どもたちのこれからの成長も楽しみです。
 

・・引き継ぎ合宿・・

 2月14・15日園内で引き継ぎ合宿をしました。(ゆり組・たんぽぽ組)
1日・2日目はたんぽぽ組・ゆり組で広域公園に行き雪遊びをしたり園内リズムをしました。
3日目はたんぽぽ組が親子でリズム・こま回し大会を行いました。
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 平成31年3月号 
 早いもので今年度も最後の月となりました。
毎日子どもたちの「おいしかった~」の声を聞くことができとても嬉しい気持ちになりました。
 今月の献立は、年長児クラスのこどもたちからリクエストされたメニューを献立に取り入れました。
年長さんにとって3月は保育園での最後の給食となります。
子どもたちの心に残る美味しい給食作りに努めていきたいと思います。
 
ひな祭り
 3月3日は桃の節句(ひなまつり)です。 ひな祭りにはひな人形を飾り1年の無病息災や子どもの幸せを願います。 ひな祭りにはちらし寿司や蛤のお吸いなどを食べる風習があります。 どれも私たちに向けた大切なメッセージをもちます。
◎ちらし寿司
 たくさんの具が入る事から食べ物に困りませんように...
海老(長生き)、蓮根(見通しがきく)など縁起の良い具が多くお祝いの席にはふさわしいことからひなまつりの定番メニューになりました。
◎蛤のお吸い
 蛤の貝殻はピッタリと対になっています。
このことから仲の良い夫婦と夫婦円満を表しています。
◎甘酒・ひなあられ
 桃は古くから邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらし、長寿を願う意味があります。
 ひなあられには白、赤、緑三色の色をもちます。
赤は花が咲く、白は雪が溶ける、緑は新芽が出ることから春の訪れを表しています。
 この他にも3月には、彼岸があります。ぼたもちをお供えして祖先を供養します。
年長児さんのリクエストの中にぼた餅が入っており嬉しく思いました。子どもたちはぼた餅が大好きです♪
 
春を告げる生ワカメ
 ワカメはそのままの生ワカメと加工品の塩漬けワカメ、乾燥ワカメに分けられます。 生ワカメは早春が旬で歯ごたえや磯の香り、鮮やかな色など新鮮さが魅力です。
生ワカメは1度サッと湯通しして冷水にとることで、色の変わる楽しさも同時に楽しむことができます。
 ワカメには食物繊維が多く含まれ、免疫細胞の活性や、腸内環境を整え便秘予防などの効果をもたらしてくれます。
また、海水にはミネラルが多く含まれている為、海藻には多くのミネラルが含まれています。 その中でもヨウ素の含有量が高く、ヨウ素は主に甲状腺ホルモンを作る材料となります。 このホルモンは、子どもの成長を促進したり、新陳代謝を活発にする働きがあります。
 生ワカメは鍋に入れてしゃぶしゃぶにしたり上から鰹節をかけて酢醤油で食べたりなど様々な食べ方を楽しむ事ができます。
今が旬・この時期しか楽しめない生ワカメをおうちの献立にいかがでしょうか。
 
◎レシピ紹介

◎生ワカメの鰹節かけ
<材料>4~5人分
生ワカメ ・・・200g
・・・大3
醤油 ・・・小1
鰹節 ・・・2-3g

<作り方>
ワカメはサッと茹でる。
①を冷水にとり、水けを切って食べやすい大きさに切る。
②の上に鰹節をのせ、酢醤油をかければできあがり。
◎酢醤油をポン酢に変えても美味しいです♪
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 平成31年3月号 

 今年度はどんな一年でしたでしょうか。かぜをひいたり病気にかかったり、繰り返しながら少しづつ抵抗力をつけて成長していく子供たちです。
この一年で心も体も大きくなった子供たちの今後の成長がとても楽しみです。
 
3月3日は耳の日です。 子供の難聴について
●難聴とは・・・
音を聞いたり区別する能力が低下している状態をいいます。
重度のものであれば親や周囲がその異変に気付くことができますが、軽度のものや片側だけの場合は意外と聞こえているようにみえるため、発見が遅れてしまいます。

●難聴を疑うサインとは・・・
言葉の数が少ない
理解しにくい言葉で話したり、非常に大きな声を出す
何度も聞き返す

など

<赤ちゃんの場合>
呼びかけに反応しない
突然の大きな音にも反応せず、身動きしない
音のする方向を目で探さない
泣かない

など


難聴の原因や、言葉を覚える前か後か、症状の出現時期によりその程度は異なりますが、早期発見がとても重要になります。
また中耳炎を何度も繰り返しているお子さんできちんと治療、完治していない場合、難聴になってしまうおそれもあるので注意しましょう。

●ムンプス難聴について
おたふくかぜが引き起こす難聴がムンプス難聴です。
耳下腺の腫れの強さとは無関係で耳下腺が腫れない不顕性感染でも難聴になることもあり、引き起こされた場合、片側の 耳がほとんど聞こえなくなります。
有効な治療法がなく、難治性であるため予防接種を受けることがの望ましいと言われています。
 
進級・入学にむけて
・一年間の目標だった早寝、早起きの習慣はついたでしょうか。
・登園前に排便はありますか。
・予防接種は受けていますか。
・目・耳・鼻・歯・皮膚の疾患はありませんか。また治療は済んでいますか。

この時期にもう一度、お子さんと一緒に確認してみましょう。
 
2月の感染情報
インフルエンザ   20名   流行性耳下腺炎     1名
溶連菌感染症     2名   
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 平成 30年10月1日 発行 

 頬をなでる風が、秋めいてまいりました。そんな、秋の風に誘われて、松園保育園に遊びにいらしてみませんか。
お子さんのあそびの場、おうちの方の情報交換、仲間作りの場として、ご活用ください。

 

 10月~12月までの開放日とあそび

 

園庭・園舎開放日

10月 4日(木)9時半~11時
11月 1日(木)9時半~11時
12月21日(金)10時~11時頃

こんなあそびを予定しています!
☆園庭を開放
家庭では、なかなか体験できない
でも、させてあげたい!
泥んこあそびを体験できます。
☆お散歩体験
園児の散歩に参加。松園の自然探しに・・・
☆園児との交流の場
子ども同士のかかわりの中で、
その年齢の育ちや遊びを知る機会に・・・
 10月4日は、園庭にて「泥んこ遊び」または同年齢の子ども達と共に「お散歩」に出掛け自然探索を楽しみませんか。
 11月1日は、遊んだ後「離乳食体験」はいかがですか。
 10月25日(木)までに、予約のお電話を頂けると体験可能です。
(食材発注都合上)
0198(24)6605 担当 佐藤
12月21日(金)はクリスマス会へのご招待。10時にお越しください。
キャンドルサービスやサンタクロースからのプレゼントとお楽しみがあります!!
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!
※駐車場は、日居城野神社職員駐車場をご利用ください。
※外あそびでは、泥んこになることも・・・
 着替え(下着まで丸ごと)の服をお持ちいただければと思います。
 

 早寝・早起きしてますか?

 
夜型社会に伴い子どもの睡眠リズムが乱れています。
睡眠時間の多さより、早く寝て、早く起きることによりホルモンの分泌のバランスが保たれ、子どもの健やかな成長につながります。

 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします