社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 朝・夕めっきり涼しくなり初秋を感じる今日この頃となりました。カブト虫、カナヘビ、アリと追いかけたり、つかまえたり、エサをやったり、お世話をしたりと貴重な体験をしている子どもたちです。生き物と触れることによって物を立体的に見る力ができると言われております。(テレビやスマホの画面、ゲームは平面的にしか見ることができないようです。)
 今年の夏は暑い日が続き、子どもたちは大好きなプール遊びや水遊びを思いっきりして、夏ならではの遊びを十分に楽しみ、ホールや園庭で走り回っている姿は運動会を楽しみにしているようにも思われます。

 平成30年9月の行事予定

3日(月)
  避難訓練
6日(木)
  たんぽぽワールド
15日(土)
  園庭・園舎整備奉仕活動(6:30~7:30)
19日(水)
  運動会総練習
22日(土)
  運動会
28日(金)
  誕生会
 
夕涼み会のお礼
7月28(土)の夕涼み会は、準備やコーナー遊び、チャリティーバザーの開催と父母の会役員さん、クラス役員さんはじめ花巻南高校のボランティアさんのお手伝いをいただき、天候にも恵まれ盛会のうちに終えることができましたことを、お礼いたします。ありがとうございました。

 
懇談会
8月18日(土)は、0歳児から5歳児クラスを対象とした「絵」の学習会でした。普段の子育ての中でお父さん、お母さん方に配慮して頂きたいこととして・・・・
 ・目と目を合わせること(特に0歳児の子育ては…)
 ・皮膚と皮膚(皮膚のマッサージなど)の触れ合い
  →触れられる事で子どもは安心します。
 ・6歳までの基本として「早寝,早起き,朝ごはん」
 ・愛情
子ども達は、お父さんお母さんと他愛のない話を沢山したいと思っています。忙しい時間もあると思いますが、まず、一度手を止めて、目と目を合わせ、まず子どもの話しを聞きましょう。
 
日居城野神社の夏祭り
8月4日(土)18時半~の日居城野神社芸能祭に、たんぽぽ組(年長児)が出演し、「がんすけ なはんちゃん」を披露しました。
 
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 平成30年9月号 
 暦の上では立秋を迎えましたが、まだまだ暑い日が続いています。
秋は実りの秋と言われるほど、たくさんの作物が収穫されます。給食にも秋の味覚を取り入れました。
 今月も子どもたちが楽しみとなる給食作りに努めていきたいと思います。
 
◎気をつけたい秋バテ
 秋バテとは、夏の暑さにより引き起こされる、食欲不振、冷房による体の冷えからくる自律神経の乱れが秋口になっても続く症状です。秋バテ対策として冷えてしまった体を温め、全身の血の巡りをよくすることが大切となります。
 食事面では、人参やかぼちゃ、生姜、ネギなどの体を温める食材や温かい味噌汁やスープ、番茶などを飲む事で体が温まります。
また、ビタミンB1群には疲れを和らげる働きがあり、豚肉に豊富に含まれています。
 食事以外にも入浴により体を温めるのは効果的です。眠る2~3時間前に38~39℃のぬるめのお湯にゆっくりと浸かる事で血行をよくし、心身がリラックスモードに切り替わり、体力や胃腸機能の回復を助けてくれます。
 暑い日がまだまだ続きますので、冷たい物のとりすぎには注意し、元気に過ごしましょう。
 
◎レシピ紹介

がんづき(蒸し器一個分)
<材料>
小麦粉 ・・・300g
・・・200㏄
黒砂糖 ・・200g
・・・2個
重曹 ・・・大1
・・・100㏄
黒炒りごま ・・・適量
<作り方>
 小麦粉はふるいにかけておく。
 鍋に水と黒砂糖を入れ火にかける。黒砂糖を煮溶かして
  ボウルに入れ冷ましておく。
 ②のボウルに溶き卵を加え混ぜる。
  さらに重曹と酢を加える。生地がモクモクと膨らんできたら
  小麦粉を入れサックリ混ぜ合わせる。
 蒸し器にクッキングシートをしいて、③の生地を流し、黒ゴマをまんべんなく
  散らす。蒸し器に濡れ布巾をかぶせ、フタをして20分蒸す。
 竹串をさし生地がついてこなければ完成。
★がんづきは花巻の郷土料理です。
 日常のおやつや農繁期の小昼として、冠婚葬祭の引き出物として食べ継がれてきました。
 子どもたちもがんづきが大好きです♪
 
◎秋の彼岸がやってきます
 9月23日は秋分の日です。その日には祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶという趣旨があり、お墓参りや法要を営むという意味があります。彼岸には、おはぎを墓前やお仏前にお供えする習慣があります。
 おはぎには五穀豊穣や魔除けなど様々な意味が込められています。子ども達にもおはぎを通して日本の伝統的な食文化を知らせていきたいと思ます。
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 平成30年9月1日 号 

 暑さも幾分和らぎ、朝夕吹く風は少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。
夏の疲れが出る時期でもありますので、お子さんの体調管理には心配りをお願いします。
 
水分補給について
 熱中症の対策としてこまめな水分補給はとても大切ですが、ジュースばかり飲みすぎてしまうと糖分を多量に摂取してしまうことになります。
飲料水には栄養成分表示が書かれていますが、その中に炭水化物という項目があります。
炭水化物は砂糖も含めた糖質の総量を示している値です。それらの値から計算式で飲料水に含まれる砂糖の量を知ることができます。

例:500mℓコーラの場合
栄養成分表示(100mℓあたり)/炭水化物11.3gと記載されています。

(内容量)÷(単位量)×(単位量あたりの炭水化物の量)=(全体の砂糖の量)
500 ÷ 100 ×    11.3      = 56.5

500mℓのコーラ1本飲むと56.5gの炭水化物を摂ることになります。
市販のスティックシュガー3gですと約19本分入っていることになります。

●糖分の撮りすぎによる身体への影響
・体がだるくなり疲れやすくなる
・手足のしびれや痛み、むくみ
・食欲低下
・集中力がなくなる
・興奮状態となり、イライラしたりキレやすくなる
・肥満、虫歯になりやすい

8月の子どもの朝礼で、子どもたちに実際にどれだけの砂糖が含まれているか見せてお話し をしています。ご家庭におかれましても飲む量をしっかり決めて子供たちの身体に影響が 出ないようにしていきましょう。
 
8月の感染情報
胃腸炎  1名   とびひ  1名
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 平成 30年5月1日 発行 

 平成30年度がスタートし、1ケ月がたちました。
今年度も園庭・園舎を開放し、お子さまの遊びの場、お友だち作りの場、お母さん方の コミュニケーションの場として、大いに活用していただければと思っております。
遊びにいらしてください。
 

 平成30年度 開放予定日

 

6月7日(第1木)・7月5日(第1木)・8月2日(第1木)・
9月6日(第1木)・10月4日(第1木)・ 11月1日(第1木)  

  ※12月21日(金)は、クリスマス会です!

 

 5月~9月の計画

 
6月7日

戸外あそび・戸外散歩
リズム・わらべうた遊び

泥んこで服が汚れたりしますので、着替えの服を ご持参下さい。
7月5日・8月2日・9月6日

水遊び・お湯遊び・泥んこ遊び体験
水着・タオル・着替えの服をご持参ください。

リズム・わらべうた遊び 絵本・紙芝居の読み聞かせ 給食試食会等予定しております。
7月6日 七夕会へのご招待

七夕のお話しを聞き、短冊に願いを書き飾りつけます。
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!

花北地区主任児童委員
佛川 恵美子さん、高橋美波さん
ボランティアとして 高橋晢子さんにおいでいただいております。

保育園の子ども達と一緒にあそび、「友だちづくり」をしましょう!
外遊びも行います。紫外線防止のため、帽子をご持参願います。また、汚れてもよい服装でおいでください。

※ マタニティー・ママの保育見学・保育体験もお受けいたします。
  ご希望の方は、ご連絡ください。
 

 松園保育園ってどんなとこ?

 
「乳幼児期は人の根っこを作る時代」を保育の基盤とし、土、水、泥に思いっきり触れる遊び、「足、腰をしっかり強くする」ために斜面登りや園外散歩を多く取り入れています。
園内には、ほとんど遊具らしいものはありませんが、保育士や友だちとの関わり遊びを中心にすごしています。
また、「しなやかな体づくりは心づくり」といわれるよう、リズムあそびやわらべうた遊びを通し、丈夫なからだと豊かな心を育んでいきたいと思っております。
 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします