社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします
園だより
  
ご入園・ご進級おめでとうございます
 草、木、花が芽吹く季節となりました。
新入園11名、進級児56名 計67名で入園、進級式を迎えることが出来ました。
 今年度も、子ども達にとっても、保護者にとっても「こころのふるさと」となり、 子どもの「しなやかな心と体づくり」を目ざし、ご家庭と協力し、毎日を感謝と笑顔で 躍進していけるように努力してまいりますので、よろしくお願致します。

 平成30年4月の行事予定

2日(月)
  入園・進級を祝う会・安全の日
9日(月)
  園児検診
10日(火)
  身体測定
16日(月)
  避難訓練
27日(金)
  誕生会
 

新年度を迎えるにあたり・・・

平成30年度がスタートいたしました。
子ども達の健やかな成長を願い、保護者の皆様と手を取り合い、保育していきたいと 思っております。
 

保育の目標
 「生きる力 生きるよろこび 感動する心を育む」

なんでも食べる元気な子
感動する心を持つ子
よろこんで遊ぶ子
心 おもいやりのある心
すなおな 心
安定した生活リズム
早寝(20時)・早起き(6時)
朝ごはん
 

【保育園とおうちの方々が手を携さえていくために・・・】

保育士体験 (保護者の目標)
 昨年度は、述べ53人の方に体験していただきました。お父さん方の参加も以前より増え、 心と体で体当たり・・・子どもたちにとって、何よりの贈り物となったように思います。
今年度も、「一家庭一回以上の保育体験」をぜひ、お願いしたいと思います。
子どもが保育園で、どのように過ごしているか、友だちとの関係は・・等、「百聞は一見 にしかず」ということわざ通り、子どものいろいろな姿を、体験を通してご覧頂き 共有していきたいと思っております。
子ども達の「元気の源」の給食とおやつもお子さんと一緒に召し上がっていただきたいと 思います。【給食とおやつ代350円(給食のみ270円)となります】
 

お礼

※平成29年度園活動補助費として、園外活動の交通費・布団クリーニング代 デジタルカメラ購入代として頂きました。
また、退職する職員に、父母の会より記念品を頂きました。
本当にありがとうございました。
 
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 平成30年4月号 
 ご入園・ご進級おめでとうございます。新年度も始まり期待に胸膨らませるこども達の姿がみられます。
今年度も、給食を通し子どもたちの成長のお手伝いに努めてまいります。
 1年間どうぞよろしくお願いいたします。
 
給食で大切にしていること
★和食中心の献立で、昔ながらの煮物も積極的に取り入れています。
★噛む力を育てるために、野菜は大きめに切っています。また、硬さも柔らかくなりすぎない様に気を付けています。
★給食を通したくさんの食材や料理に触れる事ができるように献立にはたくさんの野菜や食材を使用しております。
★食材は地場産や国産の物にこだわり使用しております。
★こども達に食材の味を知ってもらうために味つけは薄味です。
★行事食や郷土食などの食文化等も大切にしながら給食提供を行しております。
★野菜作りや年長組のクッキング体験などを通し、こども達に食に興味や関心を持ってもらえるよう食育活動に力を いれております。
★離乳食は発達に応じ、ご家庭での食事の進め具合に合わせて行っております。
★アレルギーの除去食は医師の指導により個別に対応しております。
★おやつは腹持ちの良い手作りおやつを提供しております。
★おしゃぶりこんぶ、あたりめ、野菜スティックは、咀嚼力アップのために取り入れております。 咀嚼力が発達することで虫歯予防や、記憶力向上、言葉の発達や味覚の発達にもつながります。
 
朝ごはんを食べましょう
朝ごはんは1日の元気の源です。
脳は、私たちが眠っている間も休まずに働いているため朝にはすっかり栄養不足になっています。
そこでごはんに含まれる脳のエネルギー源ブドウ糖を摂取すると脳は元気になります。
ごはんは腹持ちが良いため血糖値の急激な上昇を抑えることができます。またごはんは他の食材と 食べ合わせた時にバランスをとりやすいです。特に味噌汁はごはんとの相性も良く、野菜、肉、大豆類を入れるなどの 一工夫をする事でバランス良く栄養をとることができます。
また、ごはんや具たくさんの味噌汁はバランスの良い朝ごはんとなり、脳全体の司令塔の役割を持つ 前頭前野の働きも高められ、午前中の活動を元気に過ごすことができます。
朝ごはんを食べることで排便も促進されます。腸がスッキリすることも1日を元気に過ごすためには大切です。
ごはん・具たくさんの味噌汁を食べて元気に登園しましょう。

味噌汁の具は、野菜、芋類、きのこ類、わかめ、
油揚げ、肉など・・・
どんな食材をいれてもおいしく頂けます♪
 
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 平成30年4月1日 号 

ご入園・ご進級にあたり・・・

ご入園、ご進級おめでとうございます。
健やかな心としなやかな体づくりを目指し、保護者の皆様と一緒に子どもたちの健康について 考えていきたいと思っておりますのでご協力をお願い致します。
・園の嘱託医紹介
【内科健診】
・大沼小児科医院
ちゅうりっぷ組は毎月。(8月は休み)
もも組(1歳6カ月以上)、うめ組、さくら組、ゆり組
たんぽぽ組は年3回 内科健診をしていただきます。
【歯科健診】
・畠山歯科医院
全クラス年に1回 歯科健診をしていただきます。
 
体温の測り方(わき式体温計)
1.脇のくぼみの中心に体温計の先端をあてます。
2.体温計が上半身に対し30度くらいになるように下から少し押し上げて脇と体温計を密着させます。 手の平を上向きにすると脇がしまります。
さらに体温計をはさんだ方の肘をもう一方の手のひらで押さえます。

『ポイント』 ・測る前は脇の汗を拭きます
・下着に触れないようにします
・食後や入浴後、運動後は体温が上がるため
 最低30分間は時間をおいて測ります
 
3月の感染情報
・  インフルエンザ 3名
・  手足口病    1名

あたたかくなってきましたが、まだインフルエンザの流行が心配されます。
睡眠と栄養をしっかりとって、健康にすごしましょう。
 
ページ先頭へジャンプします