社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
ご入園・進級おめでとうございます
花の便りが きかれる季節となりました。
令和3年度は新入園児9名、進級児53名、計62名のスタートとなりました。
 保育理念「こころのふるさと」
 保育目標「安定した生活リズム 早寝(20時)・早起き(6時)・朝ご飯」
 保育方針「しなやか心と体づくり」を目ざし、笑顔と感謝の気持ちで保育して行けるよう努力して参りたいと思いますので、ご協力の程宜しくお願い致します。
 
 

 4月の行事予定

1日(木)
  入園・進級を祝う会 (園児のみ)
5日(月)
  安全の日・避難訓練
9日(金)
  身体測定
10日(土)
  父母の会総会・クラス懇談会
12日(月)
  園児検診(全園児)
23日(金)
  誕生会

新年度を迎えるにあたり・・・
 令和3年度がスタート致しました。子ども達の健やかな成長を願い
 保護者の皆様と手を取り合い、保育していきたいと思っております。

保育の目標 「生きる力 生きるよろこび 感動する心を育む」

なんでも食べる元気な子
感動する心を持つ子
よろこんで遊ぶ子
心  おもいやりのある心
すなおな 心

安定した生活リズム

早寝(20時)・早起き(6時)
朝ごはん

★スタッフ紹介★

ちゅうりっぷ組
石森 沙也佳
晴山 綾華
菊池 琉佳
(看護師)
小林 由加子
葛岡 恵美子
もも組
細川 咲季
雫石 愛莉
さくら組
髙橋 葉菜子
ナカシマ カノン
中嶋 薫音
☆新採用者
たんぽぽ組
八重樫 幸
森田 直子
うめ組
髙橋 理沙
トミタ サキエ
冨田 咲綺恵
☆日居城野保育園より移動
ゆり組
及川 莉那
副担任(全クラス)
藤原 なつみ
事務
北湯口 佳那
園長
髙橋 トモ子
主任
髙橋 久美
給食担当
中村 穂香
古川 珠子
齊藤 未来
保育補助
柏 紀代子
菊池 かおる
園務員
髙橋 正一


★令和3年度もよろしくお願い致します★
※お知らせ
八重樫晴美保育士は日居城野保育園での移動勤務となりました
●お礼
父母の会より、卒園記念品としてロールマット代金(8万3千円)の一部として4万円、
また、退職者の平賀和香子保育士に記念品をいただきました。ありがとうございました。
 
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 2021年4月号 
 ご入園・ご進級おめでとうございます。
今年度も、給食を通し子どもたちの成長のお手伝いに努めてまいります。
 1年間どうぞよろしくお願いいたします。
 

給食で大切にしていること

★和食中心の献立で、昔ながらの煮物も積極的に取り入れています。
★噛む力を育てるために、野菜は大きめに切っています。また、硬さも柔らかくなりすぎない様に気を付けています。
★給食を通したくさんの食材や料理に触れる事ができるように献立にはたくさんの野菜や食材を使用しております。
★食材は地場産や国産の物にこだわり使用しております。
★こども達に食材の味を知ってもらうために味つけは薄味です。
★行事食や郷土食などの食文化等も大切にしながら給食提供を行っております。
★野菜作り、年長組はクッキング体験などを通し、食に興味や関心を持ってもらえるよう食育活動に力をいれております。
★離乳食は発達に応じ、ご家庭での食事の進め具合に合わせて行っております。
(離乳食チェック表にご協力お願いします。)
★アレルギーの除去食は医師の指導により個別に対応しております。
★おやつは腹持ちの良い手作りおやつを提供しております。
★おしゃぶりこんぶ、あたりめ、野菜スティックは、咀嚼力アップのために取り入れております。
咀嚼力が発達することで虫歯予防や、記憶力向上、言葉の発達や味覚の発達にもつながります。

 

早寝・早起き朝ごはん

 朝ごはんは1日の元気の源です。
 朝起きる時間が遅くなれば、朝食をとる時間とトイレに入る時間が少なくなります。
 脳は、私たちが眠っている間も休まずに働いているため朝にはすっかり栄養不足になっています。
そこでごはんに含まれる脳のエネルギー源ブドウ糖を摂取すると脳は元気になります。
ごはんは腹持ちがよく午前中を元気に過ごすためにはとても大切です。
また、筋肉を作るたんぱく質類(豆腐・肉類)や体の調子を整える野菜類はお味噌汁の中に入れるだけで同時に摂取する事ができます。
菓子パンはおいしく手軽に食べられる良さもありますが、一時的に血糖値が上がり、その後血糖値が急降下してしまいます。そのため保育園に着くころには、血糖値が下がり、体がだるくなりやすくなります。
 1日を元気に過ごす為には、排便をし、腸をスッキリとすることも大切になります。
 朝の時間に余裕をもって朝ごはん・排便をするためには、前の晩から早く寝ることが大切です。
今年度も早寝・早起き・ごはんと具たくさんのお味噌汁を食べて毎日元気に登園しましょう。
 
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 31年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 令和3年4月1日 号 

ご入園・ご進級にあたり・・・
ご入園、ご進級おめでとうございます。
健やかな心としなやかな体づくりを目指し、保護者の皆様と一緒に子どもたちの健康について考えていきたいと思っておりますので一年間よろしくお願いします。
 

・園の嘱託医紹介

【内科健診】
・大沼小児科医院
 ちゅうりっぷ組は毎月。(8月は休み)
 もも組、うめ組、さくら組、ゆり組、たんぽぽ組は年3回
 内科健診をしていただきます。
【歯科健診】
・畠山歯科医院
 全クラス年に1回 歯科健診をしていただきます。

体温の測り方(わき式体温計)

1.脇のくぼみの中心に体温計の先端をあてます。
2.体温計を下から押し上げるようにして脇をしっかりとしめ、密着させます。手の平を上向きにすると脇がしまります。さらに体温計をはさんだ方の肘をもう一方の手のひらで押さえます。

『ポイント』
・測る前は脇の汗を拭きます
・下着に触れないようにします
・食後や入浴後、運動後は体温が上がるため最低30分間は時間をおいて測ります。
・同じ時間帯、同じ部位で測ります。

新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応について

園では以下の対応となります。ご理解ご協力をお願いいたします。
・送迎時保護者の方は、手指消毒と検温をおこない登降園時間記入表に記入をして下さい。
・お子さんの受け入れ場所は、さくら、ゆり、たんぽぽ組は正面玄関、ちゅうりっぷ、もも、うめ組は各クラスのテラスとなります。
・発熱、呼吸器症状(せき、喘鳴)のあるお子さんは症状が改善するまでは登園を控えてください。発熱においては解熱後24時間経過するまで登園を控えていただきます。
・職員は出勤時、手指消毒と検温をおこない発熱(37.5℃以上)や呼吸器症状がある場合は欠席としています。

 
3月の感染情報
溶連菌感染症 1名
 
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 令和3年度のたんぽぽワールドの実施につきましてはコロナウイルス感染症拡大防止の為、只今見合わせております。
 今後、園庭・園舎開放可能な目途がたちましたら、お便りにて回覧いたしますのでご理解の程宜しくお願い致します。
 
ページ先頭へジャンプします