社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 大寒を迎えいよいよ冬将軍の到来となり、一年で最も寒さの厳しい2月と言われていますが、暖冬で雪の降る日が少なく、子ども達にとっては少し物足りない冬かもしれません。
 今年度も、保育理念「心のふるさと」保育目標「生きる力・生きる喜び・感動する心を育む」を元に、乳幼児期に育てたい「体づくり・心づくり」を主とした保育をしてまいりました。
 自分で見て、考え、行動し、様々な事に挑戦し最後までやりきる心、仲間と共に乗り越え育ち合う年長児の成長していく姿を通して、各年齢の発達、子供の姿を大切にし、自然の中で思いっきり体を動かして遊び、友だちと笑い合い、時にぶつかり合い、様々な経験を大切にしてきた事で、このような年長児の姿へと繋がっていると感じています。 これからも、生きる力の土台作りを大切に保育していきたいと思っております。
 乾燥が気になる季節に時期になりましたが、予防に気を配りながら元気に過ごしていきたいと思います。
 
 

 2月の行事予定

3日(月)
  豆まき・避難訓練・園児検診
5日(水)
  ことば調べ(ゆり組)
10日(木)
  身体測定
13日(木)
14日(金)
  ゆり・たんぽぽ組引継ぎ合宿
15日(土)
  たんぽぽ組コマ回し大会
21日(金)
  誕生会
29日(土)
  父母の会役員会

13日(木)~14日(金) ゆり組は1泊2日、たんぽぽ組は2泊3日お泊りします
 
 
みずきだんご作り
みずき団子の由来
ミズキの枝に食紅で色づけされた色とりどりの団子を飾り、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る小正月の行事です。
みずき団子の色には意味があり「赤は春の桜、緑は夏の草木、黄色は秋の紅葉、白は冬の雪」と四季を表しています。
*みず木に飾った緑のお餅は年長児が摘んできたヨモギです
花巻あすかの杜の入居者の方をご招待して、一緒に楽しみました!
 
 

鬼の館

今年も年長児が鬼のお面作りに向けて1月9日(木)北上市の鬼の館に行ってきました。
迫力ある鬼のお面を前に泣きそうになる子もいたそうですが、自分が作るお面のイメージを膨らませ、一生懸命製作しました。
どんなお面に
しようかな?
各クラス素敵な
お面が出来ました
 
 

~お大事袋の紹介~ 親子の共同作品!

 年長児が先月、リズムで使うコマ、手作り縄、まりを入れるお大事袋を自分たちで縫いました。
保育園では各年齢の発達を大切にし、遊び・散歩・雑巾がけ・手押し車・ロールマット等で、丈夫で柔軟性のある体を獲得し、年長になり微細運動(指先の器用さ)が可能になります。
そして、保育園生活の中で楽しかった経験、絵本を読んでもらい想像した事を絵にしたものをおうちの方に刺繍してもらい、それをお大事袋に付けます。

愛情がギュッと詰まったお大事袋の完成が楽しみです
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 2020年2月号 
 2月3日は節分です。暦の上では立春を迎えますが、まだまだ寒い日が続きます。
この時期は体調を崩しやすい時期でもありますので、早寝早起き、朝ごはんなど生活リズムを整えて、バランスの良い食事をし、体調管理を心がけて欲しいものです。
今月は豆まきや恵方巻などの行事食があります。子どもたちと一緒に行事食を楽しみたいと思います。
 
◎節分
 2月3日の節分には、イワシを食べる風習があります。焼いたイワシは、その匂いから鬼が苦手とするものと言われており、そのことから邪気を払うという意味があります。
 節分には大豆をまきますが、これも魔を滅するものとして災厄を払うものとされてきました。 また、豆は栄養価も高く栄養価の高い豆を食べる事で無病息災を願い、健康(まめ)に暮らせますようにと縁起物として節分の豆まきが定着しました。
 節分の恵方巻きの恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神のいる方向でその方向に向かって事を行えば何事も吉とされています。
今年の方位は西南西です!

 
節分メニュー
 
カラフル豆サラダ

<材料>約4-5人分
大豆 ・・・ 300g
甘煮金時豆 ・・・ 150g
キュウリ ・・・ 1本
赤パプリカ ・・・ 1/2
マヨネーズ ・・・ 80g
醤油 ・・・ 小1
<作り方>
キュウリとパプリカは1㎝角に切る。
パプリカはさっと茹でる。
大豆と金時豆、キュウリ、②を合わせマヨネーズと醤油で味を整え出来上がり。
 
◎今月のお手伝い
今月はじゃが芋の皮むきに挑戦しました!
ピーラーの使い方に苦戦しながらも最後まで一生懸命お手伝いしてくれました。
おうちでのお手伝いの1つにいかがでしょうか♪
 
◎腸内細菌を増やして便秘改善
 腸は、体の中に取り入れた栄養素を吸収し、毒素を排出してくれる働きと、自律神経のバランスを整える働きがあり、第2の脳と言われるほど大事な器官です。
 腸内環境が良い状態かどうかは、便の状態にあらわれます。バナナのような形の便がすっきりと出れば腸は元気です。
 便秘予防には、食物繊維や発酵食品を含む食事をとることが大切です。特に食物繊維は、腸のお掃除役として活躍してくれます。海藻・きのこ・野菜・果物を食べる事を意識するだけで、食物繊維を取る事ができます。
 腸内環境を整え、毎日を元気に過ごしたいものですね。

 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 31年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 令和2年2月1日 号 

 2月4日は立春です。暦の上では春のはじまりですが、まだ寒い日が続いています。
寒さの中でも子ども達は元気に過ごしています。
 
手指衛生(手洗い・手指消毒)について
手指衛生は感染対策の基本です。手指に目に見える汚れがある場合、排泄後やおむつ交換後、嘔吐物処理の後は石鹸と流水による手洗いを厳重に行いましょう。
目に見える汚れがない場合は、手指消毒(アルコール消毒)をします。
 
正しいマスクのつけ方、はずし方
つけ方・・・
①金具を自分の鼻の高さに合わせて折り曲げ、プリーツ(折り目)を広げる。
②ひもを耳にかける。
③プリーツを広げて鼻から口あごまで覆う。

はずし方・・・
①裏も表も触らないように、ひもだけを持ってはずして捨てる。
②捨てた後はすぐに手指消毒をする。

間違った使用例
・鼻を出してマスクをしている。
・ポケットに入れて再使用する。
・マスクの下にガーゼを入れる。(マスクに隙間が出来てしまい効果がなくなります。)
 
1月の感染情報
溶連菌感染症 1名
水いぼ 1名


下痢や嘔吐で早退、欠席するお子さんが数名いました。
インフルエンザ等、感染症予防の為に手洗いうがいをしっかり行いましょう。
 
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 2019年4月1日 発行 

 2019年度がスタートしました。今年度も園庭・園舎を解放し、お子様の遊び の場、お友だち作りの場、お母さん方のコミュニケーションの場として、大いに 活用していただければと思っております。
ぜひ、遊びにいらしてください!!
 

 2019年度 開放予定日

 

5月のみ第2木曜日・6月~11月は第1木曜日

5月9日 ・ 6月6日 ・ 7月4日 ・ 8月1日
9月5日 ・ 10月3日 ・ 11月7日

  ※12月20日(金)は、クリスマス会で夕方4時~です!
来てみてください。

 

 5月~9月の計画

 
5月・ 6月

戸外あそび・戸外散歩
リズム・わらべうた遊び

泥んこで服が汚れたりしますので、着替えの服を ご持参下さい。
7月~9月

水遊び・お湯遊び・泥んこ遊び体験
水着・タオル・着替えの服をご持参ください。

リズム・わらべうた遊び 絵本・紙芝居の読み聞かせ 給食試食会等予定しております。
7月5日 七夕会へのご招待

七夕のお話しを聞き、短冊に願いを書き飾りつけます。
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!

花北地区主任児童委員
佛川 恵美子さん、高橋美波さん
ボランティアとして 高橋晢子さんにおいでいただいております。

保育園の子ども達と一緒にあそび、「友だちづくり」をしましょう!
外遊びも行います。紫外線防止のため、帽子をご持参願います。汚れてもよい服装でおいで下さい。

※ マタニティー・ママの保育見学・保育体験もお受けいたします。
  ご希望の方は、ご連絡ください。
 

 松園保育園ってどんなとこ?

 
「乳幼児期は人の根っこを作る時代」を保育の基盤とし、土、水、泥に思いっきり触れる遊び、「足、腰をしっかり強くする」ために斜面登りや園外散歩を多く取り入れています。
園内には、ほとんど遊具らしいものはありませんが、保育士や友だちとの関わり遊ぶ事を大切 に過ごしています。
また、「しなやかな体づくりは心づくり」といわれるよう、リズムあそびやわらべ歌遊びを通し、丈夫なからだと豊かな心を育んでいきたいと思っております。
 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします