社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 季節は梅雨に移り変わろうとしています。
4月・5月は、「新しい環境に慣れる」「戸外に出て元気に遊ぶ」ことをねらいとして、過ごしてまいりました。
新入園児の泣き声もなくなり、戸外で元気に遊ぶ子ども達の姿が見られ一安心しているところです。
6月は雨の日も多くなろうかと思いますが、それも楽しみに変えて水たまりにジャンプしたり、かたつむりやカエルに興味関心を向け元気に過ごしていきたいと思います。体調管理には、十分気を付けてあげたいです。

 平成30年6月の行事予定

1日(金)
  安全の日・避難訓練
5日(火)
  歯科検診
7日(木)
  たんぽぽワールド
スイミング(ゆり組・たんぽぽ組)
8日(金)
  胡四王山ハイキング(ゆり組・たんぽぽ組)
11日(月)
  身体測定
12日(火)
  交通安全教室
13日(水)
  おひさま保育園とリズム交流(たんぽぽ組)
16日(土)
  手作りの会(チャリティーバザーに向けて)
おやじの会(プール組立等)
20日(水)
  たんぽぽ組世代間交流
21日(木)
  ゆり組世代間交流
22日(金)
  誕生会
30日(土)
  ちょこっとボランティア(たんぽぽ組)

※ 6月5日(火)の歯科検診は、畠山歯科医院院長先生に診ていただきます。
※ ちょこっとボランティアとは、花巻あすかの里に行って車いすを押す等の体験をしてきます。
 
世代間交流
6月よりたんぽぽ組は花巻あすかの里の入居者の方と、ゆり組は花巻あすかの杜の入居者の方と交流を持ちます。
子どもたちの笑顔で、お年寄りの方は元気をもらいます。
また、交流を通して「おもいやり」や「優しさ」が育まれていくことを願っています。
 
花巻市子育て講演会報告
5月13日(日)花巻市文化会館にて「食べていける大人を育てるために~教育現場から~」という講演会がありました。
講師は、開善塾教育研究所所長の藤崎育子先生。不登校やひきこもりになった子どもさんに寄り添って、時には合宿を通して料理や掃除など、生活経験する中で人の役に立つ喜びを感じたり、コミュニケーション能力等も高められて学校や社会に復帰していく子どもたちの事例を通して「子育ては台所の中にある」と話され、幼児期から年齢に合ったお手伝いをさせ、お手伝いしてくれたら「ありがとう。助かったよ。」と一言そえることで自分が役に立っているんだと思い、また○○してみようとする意欲にも繋がるというお話しでした。
お家でも、「台所からのお手伝い」やってみましょう。
講演会に、父母の会の会長さんはじめ、クラス役員の方々にも参加して頂きました。お忙しい中ありがとうございました。
 
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 平成30年6月号 
 新緑のさわやかな季節となりました。
 4月からスタートした給食も2カ月が経過し、4月に比べ食事の量が増え、とても嬉しく感じています。
毎年6月は「食育月間」・毎月19日は「食育の日」です。給食を通して苦手なものを克服できるように工夫をしながら給食作りを行っていきたいと思います。
また、目からみてもワクワクできるようなバランスや彩りの良い給食作りに努めていきたいと思います。
 
◎お子さんと一緒にクッキングを楽しみませんか
 お子さんと一緒に台所に立つ時間は子どもとのコミュニケーションの時間にもなります。
保育園でも子どもたちは、食事前にテーブルをふいたりなど、食事の準備を積極的にする姿がみられます。
1~2歳児もお手伝いを楽しみながら行う姿もみられ、子どもたちはお手伝いが大好きです。
 食事のお手伝いは、食材に触れることで食への興味関心にもつながります。また、お手伝いをすることで少しずつ上達し、できることが増えると達成感や自信にもつながっていきます。
親子で楽しみながらできるお手伝いを年齢別にご紹介します。

・1~2歳・・・大人と一緒に野菜を洗ったり、レタスや葉物などをちぎったりするなど。
・3~4歳・・・食卓に食器を並べる。野菜の種取りや筋取り。ゆで卵の殻をむくなど。
・5~6歳・・・豆腐やちくわなど柔らかいものを包丁で切る。ピーラーを使って人参などの野菜の皮むき。お米とぎ。フライの衣をつけるなど。

 食事のお手伝いを通して親子でのコミュニケーションを楽しんでみて欲しいものです。
 
◎どの年齢からでもできるおススメクッキング♪

<材料>(4人分)
ロールパン ・・・4個
ウインナー …2本
ハム …2枚
レタス …適量
きゅうり …1/3本
ミニトマト …3個
<作り方>
 レタスは洗いちぎる。
 キュウリは斜めの薄切り、ミニトマトは4カットのスライスに切る。
 パンにちぎったレタスとハムをはさむ。
 キュウリとミニトマトをハムとウインナーの横にはさんでできあがり。

◎ホットドックパンをロールパンに変えたレシピです♪
★親子で作って、天気の良い日はお出かけしてみてはいかがでしょうか
 
★野菜を育てています★
 年長組(たんぽぽ畑)にはスイカ・メロン・とうもろこし・枝豆・かぼちゃ・さつま芋、園の近くの畑にはトマト・ピーマン20日大根・ナス・じゃが芋・サツマイモなどたくさんの野菜を植えました。
「苗植え楽しかったよ!」「大きくなるといいな~」と満面の笑みで話してくれた子どもたちの姿を見て、野菜ができるのを心待ちにしている気持ちが伝わってきました。
子どもたちが愛情込めて育ててくれる野菜で給食を作るのが今から楽しみです。
野菜を育て、経験することで食への関心がいっそう深まってくれればと思っております。
 
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 平成30年6月1日 号 

 梅雨の時期になります。温度、湿度ともに高くなり食欲が落ちたり、 体調を崩しやすくなり、病気に対する抵抗力も弱くなります。 健康にすごせるように規則正しい生活を心がけていきましょう。
 
6月5日は歯科健診です
畠山歯科医院の先生が来て、健診をして下さいます。
●健診項目
①歯の状態 ・・・ 乳歯や永久歯の現在歯数、健全歯数、
未処置数(むし歯の数)、
処置数(むし歯の治療が済んでいる数)
要注意乳歯、要観察歯、要精検歯
 
②歯垢の状態 ・・・ 歯の汚れの有無
 
③歯肉の状態 ・・・ 歯肉の炎症の有無
 
④歯並び、噛み合わせの状態
 
⑤その他の疾病及び異常 ・・・ むし歯以外の歯の病気、
舌、口腔軟組織の病気の有無
 
健診の結果は、各家庭にお知らせします。
欠席されたお子さんは後日病院を受診していただくことになる場合もありますのでご了承ください。
 
こんな症状がある時はプールには入れません。
・目の病気 …結膜炎(腫脹・眼脂・充血がある)、麦粒腫(ものもらい)
・耳の病気 …中耳炎、外耳炎
・皮膚の病気…とびひ、水いぼ、頭じらみ、発疹や蕁麻疹が出ている、傷が化膿している
・その他  …下痢、腹痛、発熱、咳や鼻水が出ているなど体調が悪い

上記の症状があるお子さん(特にも水いぼのある方)は、プール遊びが始まる前に受診をお願いします。
 
5月の感染情報
アデノウイルス感染症 2名
夏特有の感染症(プール熱、ヘルパンギーナなど)が流行し始めてきますので、熱のあるお子さんは、無理をせず早めに休ませましょう。
また、気温が高くなり体力を消耗しやすくなりますので早寝、早起きをして規則正しい生活を心がけましょう。
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 平成 30年5月1日 発行 

 平成30年度がスタートし、1ケ月がたちました。
今年度も園庭・園舎を開放し、お子さまの遊びの場、お友だち作りの場、お母さん方の コミュニケーションの場として、大いに活用していただければと思っております。
遊びにいらしてください。
 

 平成30年度 開放予定日

 

6月7日(第1木)・7月5日(第1木)・8月2日(第1木)・
9月6日(第1木)・10月4日(第1木)・ 11月1日(第1木)  

  ※12月21日(金)は、クリスマス会です!

 

 5月~9月の計画

 
6月7日

戸外あそび・戸外散歩
リズム・わらべうた遊び

泥んこで服が汚れたりしますので、着替えの服を ご持参下さい。
7月5日・8月2日・9月6日

水遊び・お湯遊び・泥んこ遊び体験
水着・タオル・着替えの服をご持参ください。

リズム・わらべうた遊び 絵本・紙芝居の読み聞かせ 給食試食会等予定しております。
7月6日 七夕会へのご招待

七夕のお話しを聞き、短冊に願いを書き飾りつけます。
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!

花北地区主任児童委員
佛川 恵美子さん、高橋美波さん
ボランティアとして 高橋晢子さんにおいでいただいております。

保育園の子ども達と一緒にあそび、「友だちづくり」をしましょう!
外遊びも行います。紫外線防止のため、帽子をご持参願います。また、汚れてもよい服装でおいでください。

※ マタニティー・ママの保育見学・保育体験もお受けいたします。
  ご希望の方は、ご連絡ください。
 

 松園保育園ってどんなとこ?

 
「乳幼児期は人の根っこを作る時代」を保育の基盤とし、土、水、泥に思いっきり触れる遊び、「足、腰をしっかり強くする」ために斜面登りや園外散歩を多く取り入れています。
園内には、ほとんど遊具らしいものはありませんが、保育士や友だちとの関わり遊びを中心にすごしています。
また、「しなやかな体づくりは心づくり」といわれるよう、リズムあそびやわらべうた遊びを通し、丈夫なからだと豊かな心を育んでいきたいと思っております。
 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします