社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 すっきりとしない天気が続く日もありましたが、子どもたちにとっては雨上がりの園庭は最高の遊び場となり未満児は最高の笑顔で水たまりをバシャバシャ‼ 以上児はダイナミックな泥んこ遊び‼
 気温の高い日は、思いっきりプール遊びを楽しみスッキリ‼「梅雨時期や夏ならではのあそびを楽しむ」というねらいも十分に達成できた様子です。
 これから夏本番へと向かう中、ますます「夏のあそび」を全身で楽しみ、夏の自然を豊かに感じる経験を一緒にしていきたいと思っております。
 
 

 8月の行事予定

2日(月)
  安全の日・避難l訓練・花巻北中生絵本ボランティア来訪
5日(金)~6日(土)
  年長園内合宿・公開リズム(6日)
6日(土)
  ゆり組懇談会
10日(火)~14(土)
  家庭協力期間
17日(火)
  身体測定
20日(金)
  副食費集金袋配布
27日(金)
  誕生会

※ 8/17~8/27 盛岡大学短期大学部より学生さんが保育実習のため来園します



 「縁日ごっこ」

今年度も規模を縮小しての夕涼み会となり、保護者の皆様にはご理解とご協力をいただき 誠にありがとうございました。また、役員の皆様には当日の準備、コーナー遊びのお手伝いを いただきました。重ねてお礼申し上げます。
 
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 2021年8月号 
蒸し暑い日が続き、梅雨明けが待ち遠しく感じます。
この時期は食欲が落ちやすくなりやすいので、彩りや味付けなどの工夫をしながら給食作りを行っていきたいと思います。
また、夏野菜や旬の食材も美味しい季節なので給食から夏を感じられるように努めてまいります。
 

冷たいものの食べすぎに注意!

アイスやジュースなど冷たいものをとりすぎると消化器官の機能が低下し、食欲が落ちる、下痢をする、夏バテするといったことが起こりやすくなります。
食べる場合は食事に響かないように適切な時間を守り、食べ過ぎないよう注意しましょう。

◎旬の食材 ピーマンを使ったレシピ紹介

ちびっこピザ(アルミカップ8個)
<材料>
A ホットケーキミックス粉 ・・・ 200g
・・・ 1個
牛乳 ・・・ 120ml
ウインナー ・・・ 100g
玉ねぎ ・・・ 120g
青ピーマン ・・・ 40g
ピザ用チーズ ・・・ 適量
ケチャップ・マヨネーズ ・・・ 適量
<作り方>
ウインナーと玉ねぎ、ピーマンは薄切りにする。
Aの材料を混ぜ合わせ、アルミカップの中に入れる。
②の上にチーズ・ケチャップ・マヨネーズをかけ、
180℃のオーブンで火が通るまで焼いたら完成。


噛むことの大切さ

 よく噛んで食べることは、食べものの消化吸収を助けたり、香り・噛む音・味・見た目・食感など五感を使って食事を楽しんだり、あご・脳の発達を促すとても大切なことです。ところが「よく噛んで食べようね」と声かけをしながら食事をしていても、子どもがよく噛まずに飲み込んでしまう場合があります。 その理由として考えられるのは、子どもの歯の生え具合や咀嚼(そしゃく)力に食べものが合っていないことです。
 例えばイカやタコなど弾力のあるもの、皮がついた豆やトマトなどは、よく噛めずに丸飲みしてしまう場合があります。ほかにもペラペラしたわかめやレタス、口の中でまとまりにくいひき肉なども噛みづらい場合があります。また、なんでも食べやすい大きさにして前歯でかじる経験が少ないと、噛む習慣が身につかない傾向があります。
 お子さんの食事の内容をふり返り、必要に応じて食材の切り方や調理の工夫をしていきましょう。

◎今月のクッキング

 たんぽぽ組さんがスナップエンドウの筋取りに挑戦しました!
 「豆が出てきちゃった!」「むずかしいね~!」と最初は苦戦していた子どもたちですが最後は上手に筋取りをしていました。
 筋取りをしてもらったスナップエンドウはえんどうサラダにして給食に提供しました。
 「楽しみにしてたんだ~!」「おいしいね!」と子どもたちのおいしそうにほおばっている笑顔をたくさん見ることが出来ました♪
 
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 31年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 令和3年8月1日 号 

暑い日が続いています。お盆休みのスケジュールはゆったりと休息をとりながら過ごしましょう。
 

8月7日は鼻の日です。

子どもの鼻血について
 子どもは大人と比べて鼻の粘膜がやわらかくデリケートの為、鼻血が出やすくなります。頻繁に繰り返す時は耳鼻科を受診しましょう。

●原因
鼻の中の乾燥
鼻をいじる、強くかむ・・・
鼻の入口付近には毛細血管が集まっていて傷つきやすく直接鼻をいじっていない場合でも些細な刺激で鼻血が出ることがあります。

暑さでのぼせる・・・
気温が高い時やお風呂上がり、寝起きなど体温が上昇し血液の流れが良くなると出やすくなります。
アレルギー性鼻炎、紫斑病、白血病などの病気によるもの

●鼻血が出た時の対処法
周りの人が慌てずに、声をかけてあげましょう。興奮状態になると血圧が上昇して血が止まりにくくなります。

①上体を起こして座り、顔はやや下に向ける。
血液がのどに流れ込まないようにしましょう。飲み込むと気持ちが悪くなり、嘔吐することがあります。

②親指と人差し指で小鼻をつまむ
5~10分圧迫します。この時、冷たいタオルや氷嚢で鼻を冷やすと血管が収縮して効果的です。圧迫止血を15分以上行っても止まらない時は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

とびひについて

夏に多い皮膚疾患であせもや湿疹、虫刺されのかきこわした部位に細菌感染をおこし、びらんや水疱を形成します。かゆみを伴うためかきむしることで、手指を介して菌が周囲に拡大していくため直接触らないように湿潤部位はガーゼで被覆する必要があります。

アトピー性皮膚炎のお子さんは重症化することもあります。

登園基準・・・皮疹が乾燥していること。湿潤部位が被覆できること。

とびひは完治するまではプールには入れません。日頃からお子さんの爪は短く切っておきましょう。
 
 
7月の感染情報
胃腸炎 2名
日頃より新型コロナウイルス感染拡大防止対策にご協力いただきましてありがとうございます。
 
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 令和3年度のたんぽぽワールドの実施につきましてはコロナウイルス感染症拡大防止の為、只今見合わせております。
 今後、園庭・園舎開放可能な目途がたちましたら、お便りにて回覧いたしますのでご理解の程宜しくお願い致します。
 
ページ先頭へジャンプします