社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 風薫る5月の空に、鯉のぼりが泳いで子どもたちの元気にあそぶ姿を見守っているかのように見える今日この頃です。 新入園児、進級児とも環境に慣れることを今月の目標にかかげてきました。 どの子もやっと環境に慣れてきて毎日笑い声、泣き声が響き渡っています。

 平成30年5月の行事予定

1日(火)
  安全の日・避難訓練
10日(木)
  身体測定・園児健診
13日(日)
  子育て講演会『食べていける大人に育てるために』
藤崎育子氏
25日(金)
  誕生会
 
『幸せになる脳は抱っこで育つ』
桜美林大学教授 山口 創(はじめ) 氏

スキンシップについてのお話しです。いつまでも抱っこをしていると、抱っこ癖がつく、依存的にしてしまう、と思っていませんか?これは全て誤解で、肌と肌の触れ合いをすることで、オキシトシンという幸せホルモンが出て、安心感が生まれるそうです。スキンシップが足りないと、衝動的な行動につながったり、自信が持てずにいる例もあるそうです。1歳前後は特にたくさん抱っこしてあげて、1歳半からは、子どもが求めてきたときに抱っこをして気持ちを受け止めてあげてほしいものです。スキンシップ、肌と肌のふれあいが乳幼児期には大切だという講演でした。そこで、お迎えに来たときにはまず、お子さんをぎゅ~っと抱きしめて下さい。それから帰りのしたくを、、、。
4月21日は、保育のご協力をいただきありがとうございました。
 
4月の子どもたちの様子
 
靴について
 早速散歩に出掛け思いきり体を動かして遊んでいる子どもたちですが、これからもどんどん歩いたり走ったりすることが増えてくることと思います。そこで大事なのが、靴(靴選び)です。子どもは足の発育が早く、小さかったり大きすぎる靴は足の発達を阻害したり、動きや行動範囲を狭めてしまいます。そこで、、、

靴選びのポイント
靴底が指の付け根部分でしっかり曲がるもの
  ⇒ 靴底が硬いと前に進むためのケリだしがうまくできません。
甲の部分が足にフィットしているもの
  ⇒ 靴の甲をしっかり締めることで自然な歩行へとつながります。
* 3~4ヶ月を目安にサイズの確認をしてほしいものです。
 
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 平成30年5月号 
 入園進級して1ヶ月がたち、子どもたちも新しい生活に慣れてきたようです。
お友達や先生と楽しく食事をする姿がみられ、こどもたちから「おいしーい!」「ピカピカに食べたよ!」 「おかわりしたい!」などの言葉を聞くことができてとても嬉しく思います。
たくさん食べてくれる姿をみて毎日作り甲斐を感じています。
 今月も子どもたちが楽しみになる給食作りに努めていきたいと思います。
 
端午の節句の由来
 5月5日の「こどもの日」にはこいのぼりを立てて、武者人形を飾り“ちまき”と“かしわもち”を食べる風習があります。“ちまき”は、それを食べることで邪気を払い、無病息災を祈るという意味があります。
また、“かしわもち”には、カシワの木は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから子孫繁栄の意味が込められているそうです。菖蒲を厄除けとして用いるという意味から菖蒲湯に入るという風習も根付きました。
 保育園でもおやつに“ちまき”にみたてた“おこわ”を提供する予定です。こどもたちにも食事とお話を通して意味を伝えていきたいと思います。
 
豆腐カレースープ

<材料>
玉ねぎ ・・・150g
人参 ・・・50g
ネギ ・・・1/2本
しめじ ・・・1/3袋
木綿豆腐 ・・・1/2丁
鶏モモ肉皮付き1㎝角 ・・・200g
カレールウ(甘口) …6~8カケ
麺つゆ …大1
…1.4L
サラダ油 …少々
水溶き片栗粉 …少々
(*とろみが足りない時に入れます。)
<作り方>
 玉ねぎはくし切り。人参は短冊切り。ネギは小口切りにします。
  しめじはいしづきをとりほぐします。
 木綿豆腐は1.5㎝の角切りにします。
 鍋に油をしき肉を炒めます。肉にほどよく色がついたら玉ねぎを入れ炒めます。
  玉ねぎにさっと火が通ったら人参を入れます。
 ③の中に水を入れ、具材を煮ます。この時にあく取りもします。
 ④の中にカレールウと麺つゆを入れ味を整えます。
  (とろみが足りないときは水溶き片栗粉を入れとろみを調整します★)
 ⑤の中にネギを入れ火が通れば出来上がり。

★材料はお好みに応じて白菜などの葉物を入れても美味しくいただけます。
保育園でもこどもたちに人気のある一品です。おうちでも作ってみませんか♪
 
たべものから旬を感じよう
 春野菜は冬に旬を迎える根菜などに比べて、日持ちがしないので、「みずみずしい」鮮度を味わう野菜が多いのが特徴です。新じゃが芋、新玉ねぎ、スナップえんどう、筍、春キャベツ、アスパラガス…などの多くの野菜が旬を迎えます。
 特に春キャベツはとても柔らかくビタミンCが豊富に含まれています。柔らかいので浅漬けや千切りキャベツなどのシンプルな食べ方でもおいしく食べることができます。
さっと茹でると色鮮やかな色になり見た目からも楽しむことができます。
 春野菜を通して春の訪れを子どもたちと一緒に楽しみたいと思います。
 
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 平成30年5月1日 号 

暖かな日差しとともに、外で遊ぶ季節となりました。
4月の子どもの朝礼で正しい手洗いの仕方についてお話ししました。
ご家庭でもお子さんと一緒に手洗いの習慣をつけましょう。
●手洗いのしかた
① 流水で手をぬらす
② 石けん水を適量取り出す
③ 手のひらと甲をこすり、よく泡立てる
④ 手の甲に手のひらをかぶせて洗う(両手)
⑤ 指を組んで、両手の指の間をこする
⑥ 指先・爪をしっかり洗う(両手)
⑦ 親指の周囲をよく洗う(両手)
⑧ 両手首をていねいに洗う
⑨ 流水でじゅうぶん洗い流す
⑩ ペーパータオル等で水分をふき取る
手洗い
●小さいお子さんの場合、お家の方が手順にのっとり一緒に洗ってあげましょう。
 
爪点検をお願いします
 手や足の爪が伸びていると、遊んでいてお友達を傷つけてしまったり、自分でひっかけてしまい爪が剥がれてしまったりと危険が伴います。
 また爪と指の間に菌が繁殖しその爪で掻きむしってしまうことでとびひになったりと病気を引き起こすこともあります。
週に一度は爪が伸びていないか確認をお願いします。
 
子どもの爪切りについて
 爪に汚れが残らないようにと短く切りすぎてしまわないように白い部分が1mm程残る程度に指の形に沿って切ります。子供の爪は大人に比べて弱く薄い為、3歳くらいまでは反り返ることもあり、両端を切りすぎると巻き爪になってしまうことがあります。またお風呂上がりの爪は軟らかく切りすぎてしまう為、なるべく避けます。切りすぎに気をつけて嫌がるときは無理をせずお子さんと楽しくふれあいながら行いましょう。
 
4月の感染情報
溶連菌感染症 1名
発熱で欠席・早退するお子さんが数名みられました。
引き続き、うがい、手洗いをしっかり行いましょう。
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 平成 30年5月1日 発行 

 平成30年度がスタートし、1ケ月がたちました。
今年度も園庭・園舎を開放し、お子さまの遊びの場、お友だち作りの場、お母さん方の コミュニケーションの場として、大いに活用していただければと思っております。
遊びにいらしてください。
 

 平成30年度 開放予定日

 

6月7日(第1木)・7月5日(第1木)・8月2日(第1木)・
9月6日(第1木)・10月4日(第1木)・ 11月1日(第1木)  

  ※12月21日(金)は、クリスマス会です!

 

 5月~9月の計画

 
6月7日

戸外あそび・戸外散歩
リズム・わらべうた遊び

泥んこで服が汚れたりしますので、着替えの服を ご持参下さい。
7月5日・8月2日・9月6日

水遊び・お湯遊び・泥んこ遊び体験
水着・タオル・着替えの服をご持参ください。

リズム・わらべうた遊び 絵本・紙芝居の読み聞かせ 給食試食会等予定しております。
7月6日 七夕会へのご招待

七夕のお話しを聞き、短冊に願いを書き飾りつけます。
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!

花北地区主任児童委員
佛川 恵美子さん、高橋美波さん
ボランティアとして 高橋晢子さんにおいでいただいております。

保育園の子ども達と一緒にあそび、「友だちづくり」をしましょう!
外遊びも行います。紫外線防止のため、帽子をご持参願います。また、汚れてもよい服装でおいでください。

※ マタニティー・ママの保育見学・保育体験もお受けいたします。
  ご希望の方は、ご連絡ください。
 

 松園保育園ってどんなとこ?

 
「乳幼児期は人の根っこを作る時代」を保育の基盤とし、土、水、泥に思いっきり触れる遊び、「足、腰をしっかり強くする」ために斜面登りや園外散歩を多く取り入れています。
園内には、ほとんど遊具らしいものはありませんが、保育士や友だちとの関わり遊びを中心にすごしています。
また、「しなやかな体づくりは心づくり」といわれるよう、リズムあそびやわらべうた遊びを通し、丈夫なからだと豊かな心を育んでいきたいと思っております。
 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします