社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 入園・進級式から気が付けばもう12月!
時の流れは早いもので、今年も残りひと月になりました。
11月は戸外で元気に遊ぶことをねらいに保育してきました。
園庭では、土で大きな山やトンネル、川を作るためにスコップで土を持ち上げたり、ミルク缶で水を一生懸命運び、楽しみながら体作り、畑ではたき火で暖をとりながらリンゴを焼いて食べたりと、毎日五感に触れ生活しています。
保護者の皆様にも園の行事等にご協力していただき上半期を無事に過ごせましたこと感謝いたします。
「早寝・早起き・朝ごはん」の生活リズムを続け元気にこの一年をしめくくりたいと思っております。
よいお年をお過ごしくださいませ。

 平成30年12月の行事予定

3日(月)
  安全の日・避難訓練
9日(日)
  森は生きている観劇(年長児)
10日(月)
  園児検診・身体測定
21日(金)
  クリスマス誕生会
  たんぽぽワールド
12月29日(土)~1月3日(木)は、年末、年始のお休みとさせていただきます。
ご協力のほど、お願いいたします。
 
園長先生おめでとうございます!!
平成30年度9月25日 高橋トモ子園長が、永年に渡り保育事業に 貢献されたとして、厚生労働大臣表彰を受賞されました

 
今年度も保育士体験に来て頂きましたことを感謝しております。
子どもの保育園での生活を見て頂き子ども達も喜びますので、 まだ体験に来ていない方は気軽に担任にお話ください。
保育士体験にきていただいた方の感想を一部ですがご紹介したいと思います。
・畑に水をまいたり、その場でブルーベリーを食べたりと、今の時代なかなか体験できないことを普段からしていることと、自然と触れ合う時間の多さに素晴らしさを感じた。
・食事も美味しく「薄味でいいんだ!」と思い、又、しっかり噛む為に具も大きく切ってあって普段の食事に生かせるヒントが沢山あった。
・水や泥まみれの子ども達はとても生き生きしていると思い、見ている方も嬉しくなりました。
確かに洗濯物は大変ですが、今しか出来ない体験なので、どんどん遊んでほしいと思った。

 
世代間
交流
11月14日は花巻あすかの里に
11月15日は花巻あすかの杜に
今年度最後の世代間交流に行ってきました。
 
小学生と
交流
11月2日に年長児が桜台小学校
1年生と交流してきました。
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 平成30年12月号 
今年も残すところあと1か月となりました。
寒い冬を元気に過ごすには温かいものを食べて体を温めるのが1番です。
12月の献立も先月に引き続き、根菜類や体の温まるメニューを多く取り入れました。
今月も子どもたちが楽しみとなる給食作りに努めたいと思います。
 
郷土料理 かまやき作りを体験しました
手で生地を広げ、その上にあんをのせて上手に包む子ども達。
クッキーの型でデザインをつけ、子ども達オリジナルのかまやきを作りました。
笑顔でかまやきを頬張る子ども達。
とてもおいしくいただきました!
 
★冬至★
 冬至は、一年で最も昼の長さが短く、夜の長さが最も長くなる時期です。
今年の冬至は12月22日です。
この日は南瓜を食べてゆず湯に入る風習が古くからあります。
ゆず湯に入ると一年間風邪を引かないといわれています。
またかぼちゃは厄除けや病気に効果があると伝えられています。
南瓜やゆずを準備して無病息災や健康を願いましょう。
 
◎上手なおやつの摂り方

 乳幼児期のおやつは食事の一部と言われるくらい大切です。
この時期は消化器官の機能も未熟なうえ、胃が小さいために三度の食事だけでは必要な栄養量を満たす事が難しくそれを補う為にもおやつは重要になってきます。
この時期に不足しがちな栄養素は、鉄、カルシウム、ビタミンです。
おにぎりにじゃこを入れたり、りんごとレーズンを入れた蒸しパン、パンにきなことごまを塗ったきな粉トーストなど不足した栄養素と腹もちの良いおやつを食べることが大切になってきます。
 おやつとして手軽に食べられるスナック菓子や菓子パン、チョコレートなどには糖分が多く含まれ、栄養素の不足にも繋がってきますので、食べすぎたりしないよう気をつけましょう。
 今回は子どもたちにも人気のあるおかかチーズおにぎりを紹介します。
おうちでもおやつにお子さんと一緒に作ってみてください♪

◎おかかチーズおにぎり(1個分)
<材料>4人分
ごはん ・・・80g
かつお節 ・・・適量
切れてるチーズ ・・・1/4 枚
しょうゆ ・・・小 1/4
<作り方>
ごはんにかつお節を入れ混ぜます。
①の中にしょうゆを入れまぜます。
 その中に小さくちぎったチーズを入れ混ぜます。
②を握ります。
③の両面をフライパンでこんがりと焼き色をつけたら出来上がり。
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 平成30年12月1日 号 

 今年も残すところ一か月となりました。
様々な感染症や病気の予防の為にも外出後のうがい、手洗いをしっかり行ない、寒い冬を乗り切っていきましょう。
 
冬の感染症・・・感染性胃腸炎
 代表的なウイルスはノロウイルスやロタウイルスです。
ノロウイルスにおいては脅威の感染力があり感染した人の嘔吐物や便のウイルス量は、嘔吐物1g中1~10万個、便1g中約10億個と言われ、人から人へ感染させるために必要なウイルス量は10~100個です。
その為適切な処理を早期に行うことが大切です。

●消毒方法
床に飛び散った吐物や便を処理する時には使い捨てマスク、手袋、エプロンを着用します。身支度をしている間、汚物には新聞紙や布をかぶせ、その上から0.1%次亜塩素ナトリウムをかけ浸しておきます。
ウイルスが飛び散らないようにペーパータオルなどで外側から内側に向かい静かに拭き取ります。
汚物を取り除いた床を0.1%次亜塩素酸ナトリウムで10分浸します。その後、水拭きをします。
拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋に二重に入れて密封し、破棄します。
処理したあとは必ず流水と石鹸による手洗いを行いましょう。

●市販の塩素系漂白剤(塩素濃度5%の場合)を使った消毒液の作り方

【0.1%次亜塩素酸ナトリウムの場合・・・床、トイレなど】
500mℓのペットボトル1本の水に、ペットボトルのキャップ2杯の原液漂白剤

【0.02%次亜塩素酸ナトリウムの場合・・・衣類、食器、おもちゃなど】
2ℓのペットボトル1本の水に、ペットボトルのキャップ2杯の原液漂白剤
※園では素早く使用できるよう、キッチン泡ハイターを使用していますが泡状になっている為、隅々までしっかりとかける必要があります。

●上記方法で消毒を行なっています。
原則的に吐物や便で汚染されたお子さんの衣類は感染源となる為、下洗いせずにそのままビニール袋に入れて密封しお返ししております。
ご理解の程よろしくお願いします。

 
感染性胃腸炎の登園基準
・症状(嘔吐、下痢)消失して24時間経過していること。
・全身状態が良く普通の食事が摂れ、医師の許可があること。

 症状回復後も感染力がある為ご協力をお願いします。
 
11月の感染情報
流行性耳下腺炎      7名                    
合伴症にムンプス難聴があります。
引き起こされた場合耳がほとんど聞こえなくなりますのでおたふくが疑われる時は受診をお願いします。
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 平成 30年10月1日 発行 

 頬をなでる風が、秋めいてまいりました。そんな、秋の風に誘われて、松園保育園に遊びにいらしてみませんか。
お子さんのあそびの場、おうちの方の情報交換、仲間作りの場として、ご活用ください。

 

 10月~12月までの開放日とあそび

 

園庭・園舎開放日

10月 4日(木)9時半~11時
11月 1日(木)9時半~11時
12月21日(金)10時~11時頃

こんなあそびを予定しています!
☆園庭を開放
家庭では、なかなか体験できない
でも、させてあげたい!
泥んこあそびを体験できます。
☆お散歩体験
園児の散歩に参加。松園の自然探しに・・・
☆園児との交流の場
子ども同士のかかわりの中で、
その年齢の育ちや遊びを知る機会に・・・
 10月4日は、園庭にて「泥んこ遊び」または同年齢の子ども達と共に「お散歩」に出掛け自然探索を楽しみませんか。
 11月1日は、遊んだ後「離乳食体験」はいかがですか。
 10月25日(木)までに、予約のお電話を頂けると体験可能です。
(食材発注都合上)
0198(24)6605 担当 佐藤
12月21日(金)はクリスマス会へのご招待。10時にお越しください。
キャンドルサービスやサンタクロースからのプレゼントとお楽しみがあります!!
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!
※駐車場は、日居城野神社職員駐車場をご利用ください。
※外あそびでは、泥んこになることも・・・
 着替え(下着まで丸ごと)の服をお持ちいただければと思います。
 

 早寝・早起きしてますか?

 
夜型社会に伴い子どもの睡眠リズムが乱れています。
睡眠時間の多さより、早く寝て、早く起きることによりホルモンの分泌のバランスが保たれ、子どもの健やかな成長につながります。

 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします