社会福祉法人松園福祉会 松園保育園
園だよりへジャンプします 給食だよりへジャンプします たんぽぽワールドだよりへジャンプします
園だより
  
 暖冬で雪は少ない築山から、冷たい空気に負けず何度も繰り返しソリ遊びを楽しんでいる子どもたちです。また、たき木を拾いに行ってたき火をし暖まったり、その中にりんごを入れて焼きりんごを作り、さらに甘くなったりんごを「おいしい!」と頬張っています。散歩に出掛けると雪の上に可愛い足跡を見つけ、これは何の足跡だろう…と興味を示しイメージを膨らませたりと、1月の保育のねらいとしていた自然の中で冬ならではの発見・感動を味わったところです。体調管理に留意しながら引き続き寒さに負けず体も心も伸びやかに過ごしていきたいものです。

 平成31年2月の行事予定

1日(金)
  豆まき・避難訓練
4日(月)
  園児検診
5日(火)
  ことば調べ(ゆり組)
9日(土)
  父母の会役員会
12日(火)
  身体測定
14日(木)~15日(金)
  ゆり・たんぽぽ組引継合宿
 ゆり組は1泊2日
 たんぽぽ組は2泊3日
 園内にお泊りします
16日(土)
  たんぽぽ組こま回し大会
22日(金)
  誕生会

 
みずきだんご作り

みずきだんごの由来

 お米や農作物が豊かに実りますようにという五穀豊穣や家族みんなが元気で何事もなく無事に1年を過ごせますようにという無病息災・家内安全を祈願しました。
お団子の色は四季を表し、
赤色は、春の桜
緑色は、夏の草木
黄色は、秋の紅葉
白色は、冬の雪  だそうです
子どもたちも小さな杵を使ってもちつき体験をしました!

よいしょ~!!


みずきが紅白のキレイなお団子で飾られました
 
鬼の館


 節分の鬼のお面づくりに向けて“本物に触れる”ことを大切に、1月18日(金)に年長児が北上市の鬼の館に行ってきました。


たくさんの鬼のお面を見てイメージを膨らませ、そのイメージを立体に作っていきます。丁寧な作業と集中力がいります…


紙粘土を薄く伸ばしながら
ひび割れしないように丁寧につけます

色づけも真剣です

各クラス、個性豊かなお面を制作しました。どんな鬼のお面ができたかはお楽しみに!
節分では、力作のお面をつけて豆を投げ、心の中にいる鬼を退治したいものです
 
ページ先頭へジャンプします
給食だより
▽ 平成31年2月号 
 2月3日は節分です。暦の上では立春を迎えますが、まだまだ寒い日が続きます。
この時期は体調を崩しやすい時期でもありますので、早寝早起き、朝ごはんなど生活リズムを整えて、 バランスの良い食事をし、体調管理を心がけて欲しいものです。
今月は豆まきや恵方巻などの行事食があります。子どもたちと一緒に行事食を楽しみたいと思います。
 
◎豆まきの由来
 「鬼は外、福は内」と言って、豆をまき、その年の数だけ豆を食べるという風習が日本にはあります。
鬼は外の寒さや病気、災難などの悪い事を表しています。豆まきに使う豆は魔を滅するものとして災厄を払うものだと されてきました。また、豆は栄養価も高く栄養価の高い豆を食べる事で無病息災を願い、健康(まめ)に暮らせますようにと 縁起物として節分の豆まきが定着しました。
 
◎大豆の栄養価
 大豆には肉や魚に匹敵するほどの豊富なたんぱく質が含まれているので、大豆は「畑のお肉」と言われています。
大豆には体の中では作れない、食べ物から摂取しなければいけない必須アミノ酸がバランス良く含まれています。
この必須アミノ酸をバランスよく含むたんぱく質を、栄養価の高い“良質のたんぱく質”と呼びます。
 タンパク質は、私たちの筋肉や内臓、骨などの体の組織を作っている成分であり、生命維持に不可欠な重要な栄養素です。
大豆には、血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの生理機能もあるといわれています。
 大豆を使った食材として豆腐や納豆、油揚げ、きなこ、厚揚げ、豆乳など様々な加工品があります。
 今回は、カレーの中に大豆をいれた大豆カレーのレシピを紹介します。
 
◎レシピ紹介

◎大豆カレー
<材料>5人分
鶏肉モモ皮付き角切り ・・・250g
水煮大豆 ・・・200g
人参 ・・・100g
玉ねぎ ・・・200g
じゃが芋 ・・・450g
しめじ ・・・1/2袋
カレールウ ・・・120g
・・・800㏄
トマトケチャップ ・・・大1
サラダ油 ・・・小2

<作り方>
人参はイチョウ切り、玉ねぎはくし切りにします。じゃが芋は暑めのイチョウ切りし、しめじはいしづきを落とし房をほぐします。
鍋に油を熱し、鶏肉を炒めます。肉にやや火が通ったら玉ねぎ人参を入れ炒め、分量の水を入れアクを取りながら煮込みます。
人参がやや柔らかくなったらじゃが芋と大豆としめじを入れ煮込みます。
③の具材が柔らかくなったらカレールウをいれとろみをつけます。とろみがついたら、分量のトマトケチャップを入れ味を整え出来上がり。
★大豆は腹持ちがとてもよく食べた後の満腹感を感じる事ができます♪
 しめじにはカルシウムの吸収を促すビタミンDが含まれ骨を丈夫にします。
 
◎初午の日
 2月4日は初午の日です。初午とはその年の豊作を祈った農村のお祭りがもととなりそれに稲荷信仰が結びついた ものです。初午詣でをすると農家は五穀豊穣、商家は商売繁盛のご利益があるとされています。 稲荷神社の象徴のキツネは神様のお使い役で油揚げが大好物と言われています。 そこでこの日には油揚げや油揚げの中にすし飯を詰めたものを奉納しました。これがいなり寿司の始まりといわれております。
 
ページ先頭へジャンプします
離乳食だより

▽ 平成 24年 5月1日 号 

離乳食とは、赤ちゃんが乳汁以外から栄養を摂取すること咀嚼を習得するという大切な役割を持っています。

 

  初期食(6ヵ月~7ヵ月ころ)     嚥下

 

 嚥下の時期で、食べ物をいったん口にためてどろどろ状の食べ物を飲み込んで嚥下を覚えます。(口唇食べ)柔らかくゆでてすりつぶす又は裏ごしして湯や野菜スープでのばす形が基本となります。

 

レシピ紹介

●かぶがゆ

   10倍がゆ、かぶ10 g、かぶの葉
●小松菜がゆ

   10倍がゆ、小松菜10g

●大根とにんじんのしらす和え

  大根5g、人参10g、しらす干し小さじ1


※そうめんは折って柔らかくゆで、よく洗って湯大匙1を加えてすりつぶす。
ほうれん草と豆腐はゆでてすりつぶす。

 

  中期食(7~10ヵ月ころ)    舌食べをおぼえる

 

 一日の栄養の3040%を離乳食からとるようになります。離乳中期は、舌を使ってつぶしたり混ぜたりする舌食べを覚えますので、柔らかくても形があるものを与えます。(園では3mm角から進めています) 交互に質の違う食べ物を口に入れると、口になかの食べ物を混ぜなくてはいけません。こうして、舌の絶妙な動かし方を覚えます。

レシピ紹介

●ささみキャベツがゆ

   全がゆ、キャベツ10g、ささみ 10g
●きなこおじや

   全がゆ50g、きなこ小さじ 1/2
●鮭のおろし煮

   鮭1/6 切れ、大根おろし大さじ1
●しらすのトマト煮

   しらす干し小さじ2、トマト1/4

なお、本来の味を覚えてもらうため、野菜は混ぜずに提供しております。

 

後期食(10,11ヵ月ころ)    歯食べに挑戦
 完了食(11ヵ月ころ)       噛む力をつける

 

離乳後期は噛むことを覚えます。奥歯がはえる固い歯茎にのせて噛んで食べます。固さはバナナくらいで、8mm程度にすると、そしゃくの練習になります。みじんぎりにしてはいけません。精神や運動機能の発達に大切な鉄分はこの時期不足しやすいので、赤身魚、肉、ホウレンソウ、レバーなどで意識的に取り入れましょう。

離乳完了期には噛む力がつきます。食べ物にあわせて上手に噛み方を変える調整力のことです。手づかみ食べの意欲も大事にしていきましょう。(スティック野菜、スティックパンなど)三回の食事をしっかり食べるようになったら授乳は減らしていきます。

レシピ紹介

●じゃがいもとしらすのお焼き

  じゃがいも50g、しらす干し3g、油少々

※じゃがいもは柔らかくゆでてつぶす。しらすは2分ゆでて刻む。1㎝厚さの円形に
まとめ、フライパンでこんがり焼く。

●かじきスティック

かじきをゆでて、繊維に添って切る。

●豆腐ステーキ野菜ソース

  絹ごし豆腐30g、キャベツ10g、人参5g、玉ねぎ5g、トマト20g、トマトケチャップ

※豆腐はペーパータオルに包み、電子レンジで30 秒加熱した後フライパンに
油を薄く引いて焼く。玉ねぎ、キャベツは千切り、人参は
5mm 角、トマトは
湯むきして刻む。材料を炒め、
水を加えて煮、ケチャップで味を整える。

●小松菜の納豆和え

   小松菜10g、麩2個、ひきわり納豆10g、だし汁45g、しょうゆ2滴

※小松菜は柔らかくゆでる。麩は六等分にする。だし汁に材料を煮たて、
ひと煮し、しょうゆを加える。


※ 園では個人差に合わせ、お子さまの状態、
体調に合わせて対応しております。
担任または栄養士までご相談ください。

  

 

 食育計画

 

食育計画  ←こちらをクリックしてください.

 

 離乳食の進め方の目安

 
離乳食の進め方の目安  ←こちらをクリックしてください.
ページ先頭へジャンプします
ほけんだより

▽ 平成31年2月号 

 2月4日は立春です。暦の上では春のはじまりですが、まだ寒い日が続いています。寒さの中でも子ども達は元気に過ごしています。
 
感染症について
①感染症とはウィルスや細菌などの病原体が宿主(人や動物など)の体内に侵入し増殖することをいい、その結果何らかの症状が現れた状態のことをいいます。

②感染経路とは飛沫感染、空気感染、接触感染などがあり感染症の種類によっては、複数の感染経路をとるものがあります。

 飛沫感染・・・
 咳やくしゃみをした時のしぶきに含まれる病原体を吸い込むことで感染します。空気感染と異なり、しぶきの届く範囲に限られる為、長時間空気中に漂うことはありません。(インフルエンザ、流行性耳下腺炎、風疹、RS感染症など)

 空気感染・・・
 咳やくしゃみをした時のしぶきが乾燥して、その芯になっている病原体が感染性を保ったまま広がり、それを吸い込むことで感染します。長時間空気中に漂います。ひとつの空間に多くの人が集まる場所で感染しやすくなります。空調が共通の部屋なども含め、その感染範囲は空間内の全域になります。(麻疹、水痘、結核など)

 接触感染・・・
 感染源である人に触れることでおこる直接感染(握手や抱っこ)や、汚染された物を介しておこる間接感染(手すり、ドアノブ、おもちゃなど)があります。(ノロ、ロタウィルス、流行性角結膜炎、水痘、腸管出血性大腸菌など)

③予防は手洗い、うがい、マスクの着用が効果的です。また感染を広げないために咳エチケットも大切です。咳が出るときはハンカチや袖口で押さえるようにします。手で口を押えるとウィルスや細菌がついてしまいます。手で押さえてしまった時には、周囲のものを触らずにすぐに手を洗いましょう。

 園では感染症の疑いがある場合、お迎えまでの間、別室にて保育させていただきます。流行時には連絡を差し上げた際、すぐに対応していただくこともありますので、ご協力をお願い致します。
 
咳やたんが出るときのホームケア
・加湿器や濡れタオルを干すなどして、室内の湿度を調節します。
・こまめな水分補給をとります。ただし柑橘類の果汁や冷たすぎる飲み物は喉を刺激し逆効果となります。
・食事は消化が良く、刺激の少ないものにします。
・痰が切れやすいように、縦抱き(乳児)で背中を優しく叩いてあげます。
・寝るときは、頭や上半身を高めにし咳込んで嘔吐してしまった際、吐物で窒息しないように横向きにします。
 
1月の感染情報
インフルエンザ     3名   溶連菌感染症        1名
流行性耳下腺炎     3名   RSウィルス感染症      1名
 
ページ先頭へジャンプします
たんぽぽワールドだより
 ▲▽ 平成 30年10月1日 発行 

 頬をなでる風が、秋めいてまいりました。そんな、秋の風に誘われて、松園保育園に遊びにいらしてみませんか。
お子さんのあそびの場、おうちの方の情報交換、仲間作りの場として、ご活用ください。

 

 10月~12月までの開放日とあそび

 

園庭・園舎開放日

10月 4日(木)9時半~11時
11月 1日(木)9時半~11時
12月21日(金)10時~11時頃

こんなあそびを予定しています!
☆園庭を開放
家庭では、なかなか体験できない
でも、させてあげたい!
泥んこあそびを体験できます。
☆お散歩体験
園児の散歩に参加。松園の自然探しに・・・
☆園児との交流の場
子ども同士のかかわりの中で、
その年齢の育ちや遊びを知る機会に・・・
 10月4日は、園庭にて「泥んこ遊び」または同年齢の子ども達と共に「お散歩」に出掛け自然探索を楽しみませんか。
 11月1日は、遊んだ後「離乳食体験」はいかがですか。
 10月25日(木)までに、予約のお電話を頂けると体験可能です。
(食材発注都合上)
0198(24)6605 担当 佐藤
12月21日(金)はクリスマス会へのご招待。10時にお越しください。
キャンドルサービスやサンタクロースからのプレゼントとお楽しみがあります!!
日頃、お子さんのことで気になっている事、
悩んでいる事がある方は、気軽にご相談下さい!
※駐車場は、日居城野神社職員駐車場をご利用ください。
※外あそびでは、泥んこになることも・・・
 着替え(下着まで丸ごと)の服をお持ちいただければと思います。
 

 早寝・早起きしてますか?

 
夜型社会に伴い子どもの睡眠リズムが乱れています。
睡眠時間の多さより、早く寝て、早く起きることによりホルモンの分泌のバランスが保たれ、子どもの健やかな成長につながります。

 
社会福祉法人松園福祉会
松園保育園 ℡(0198)24-6605 
ページ先頭へジャンプします